平塚に通うことになってから約4年半。激しい都市間競争がある中、ここ平塚の発展性に更なるポテンシャルを感じながら、ららぽーと湘南平塚の開発に携わらせていただきました。今は単に商業施設をつくれば自然とお客様が集まるという時代ではありません。エリアの特性を理解し、地域密着で地元の方々から愛され、誇りにしてもらえる施設づくりを目指したいと考えています。グランドオープンまであと3週間となりますが、館内には地域コミュニティの拠点を目指す「SHONAN TREE HOUSE」、親子やママ同士が集える場所、湘南平塚エリアの特徴を生かしたモールデザインや居心地のよいお休み処、外構に面したテラス席、昼と夜で違う演出となるポップジェットなど、様々な取り組みを行っておりますので、ぜひ皆様に体験し楽しんでいただけると嬉しいです。そこでたくさんの嬉しい発見をしていただくことで、皆さんにとって「ららぽーと湘南平塚」が、特に目的もなく訪れても、「何か得をする」「為になる」場所になってもらえたらと考えています。