PAGE TOP ▲

中学校給食実現はいつになる? 平塚市長「建設着手を目指す」

2019年3月29日UP | NEWS

0329 市長会見 平塚市の落合克宏市長は20日に行われた定例会見の中で、中学校給食実現へ向け、取り組みを強化することを明かした。
 落合市長は中学校給食の実施時期について、市立相模小学校の移転問題がクリアになっていないことを理由に明言を避けてきた。しかしこのほど、相模小の移転用地の取得が完了、3月の議会で承認を受けたことで、給食調理場についても次のステップに進むとみられる。平成31年度4月期の人事異動では、中学校給食実施及び給食費の公会計化の検討のため、学校給食課の職員態勢を強化するという。
 落合市長は「センター方式になるとみて用地探しを始めている」と語るとともに「次の4年間(の任期)があるのであれば建設着手を目指したい」と話した。