PAGE TOP ▲

菅原道真を祀る芭蕉天満宮 眞土神社境内に学問の神様

2019年2月1日UP | NEWS

 0201 6面 芭蕉天満宮1平塚市東真土の眞土神社境内にある芭蕉天満宮で先月26日、例祭が行われた。
 “学問の神様”とされる菅原道真を祀る同宮は江戸時代から真土地域(旧三谷地区)の人々に信仰されてきたという。その後、戦時中の海軍火薬廠建設にあたり、元の場所から西真土に移設され、平成28年には県道拡幅計画により現在の場所に移設された。眞土神社の顧問である伊藤栄雄さんは「地元にある天神様を大事にしてほしい」と一度はやめることになりそうだった例祭を続けており、参拝者も少しずつ増えている。
 当日は東真土在住の詩吟宗家、杉山陽子さんらによる、道真の生涯を紹介する詩吟も披露され、例祭を盛り上げた。
 受験シーズンも到来し、地元の受験生やその家族の神頼みスポットになるか。