PAGE TOP ▲

湘南ベルマーレがホームタウンを訪問 キャンプ前に今季への意気込み語る

2019年2月1日UP | NEWS

 0201 6面 ベルマーレ表敬訪問湘南ベルマーレの選手、監督らは先月24日、ホームタウンの9市11町の首長への表敬訪問を行った。平塚にはMF梅崎司選手、DF坂圭祐選手が来庁。来季に向けての抱負などを伝えた。
 創立50周年でのルヴァンカップ優勝という結果に相好を崩した落合克宏市長に対し、梅崎選手は「タイトルは1つ大きな達成だがリーグは残留争いと課題も残った。チームとして成長できた1年だと思うので、その姿をより強固にし、高い順位を目指していく」と話した。坂選手は「残留争いではみなさんをハラハラさせてしまって……」とばつが悪そうに語るも「来季は上位争いでいい意味でドキドキできるシーズンにします」と力を込めた。
 それぞれのホームタウンにはルヴァン杯優勝を記念したプレートが贈られた。落合市長は「みんなで応援していく。また1年頑張って」とエールを贈った。