PAGE TOP ▲

フレッシュビジネス事業で2社が認定 美容サロンと自分史製作会社

2019年1月28日UP | NEWS

0125 2面 フレッシュビジネス平塚で新しい事業を行う事業者の事業計画を評価し、奨励金などの経営支援を行う「Hiratsukaフレッシュビジネス認定事業」において、平塚市ではこのほど平成30年度内に起業する2計画を認定対象とした。17日には認定証の授与式が行われた。
 選ばれたのは美容サロンの「Crane」(前田加保利代表)と史籍づくりを手がける「すぎやま本製作所(仮)」(杉山浩司代表)の2者。
 Craneは、3回の来店を前提とし、カウンセリング、カットからアフターフォロー2回までを行う新しい美容サロンの形を提案。髪を切るだけという従来のサロンの業態から一歩踏み込み、顧客に寄り添える美容室を目指す。
 すぎやま本製作所では、自分史の製作を行う。ゼロから書きたい内容を積み上げるのではなく、ある程度決まったフォーマットに落とし込むことで、誰でも気軽に自分史の製作が可能になるという。

【写真】Crane代表の前田さん