PAGE TOP ▲

2018-2019挨拶駅伝
新年にかける想い

2018年12月28日UP | headline, Top

挨拶駅伝1面_市長町長_181228

未来へと伸びゆくまちに
平塚市市長 落合 克宏 さん

 2018年は年明けにグランドオープンした市役所本館を拠点に、小学校へのエアコン設置など教育環境の整備や、産後ケア事業の推進など子育て支援の充実を図りました。2019年は、中心市街地の活性化を目指し、見附台周辺地区に(仮称)新文化センターや公園などを整備する事業が動き出します。全体に先駆け、4月には崇善公民館と市民活動センターを一つにした複合施設が開館します。商業者や市民の皆さまと力を合わせ、未来に向けたまちの活力とにぎわいを生み出してまいります。

わたしのお正月

正月の恒例行事といえば箱根駅伝。市内にキャンパスがある東海大学や神奈川大学の選手らを沿道で応援し、ひたむきに走る若者からパワーをもらいます。

___________________________________________

町民の聲(こえ)を胸に
大磯町町長 中﨑 久雄 さん

 2018年は、町長として3期目のスタートを切り、気持ちも新たに新年を迎えます。これまで町政を進める中で、私のもとには町の未来を願う、多くの町民の皆さんの聲(声)を届けていただきました。皆さんの聲は、町への想いです。この想いを受け止めながら、2期8年で取り組んできた事業を着実に進め、町の賑わいとともに、「大磯に住み続けたい」という聲の輪が広がっていくよう、邁進してまいります。
 新年が幸多き年となりますようお祈り申し上げます。

わたしのお正月

大磯港にて初日の出を迎え、町民の皆さんと新年の慶びを分かち合うのが毎年の楽しみです。そして家族が集い、穏やかな新年のひとときを過ごします。
___________________________________________

人が響きあうまちづくりを
二宮町町長 村田 邦(旧字)子 さん

 人々が共に認め合い、支え合い、響き合う共生社会の実現に向け、「地域包括ケアシステム」や「学校のコミュニティ・スクール化」などといった取り組みを推進している一方で、長年、懸案となっていた役場庁舎や公共施設のあり方などについては方向性を示すことができました。ここから具体化するにあたり、持続可能な町として更に発展していけるよう、まちづくり応援団となる町民の皆さまと共に、着実に歩みを進めていきたいと思います。新年も皆さまのご多幸を心からお祈り申し上げます。

わたしのお正月

箱根駅伝の選手を応援するために、二宮の国道には地域の祭囃子や多くの町民が集結。新年も、響き渡る太鼓とともにみんなと一緒になってエールを送ります!