PAGE TOP ▲

花菜ガーデンに一足早く春の訪れ 早咲きチューリップが見ごろ

2018年12月21日UP | NEWS

1221 2面 チューリップ県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」で早咲きのチューリップが見ごろを迎え、訪れる人の目を楽しませている。
 世間は慌ただしい年の瀬だが、同園には一足早く“新春”が訪れた。今年は野菜やハーブと一緒に草花を植えた「ポタジェ風ガーデン」で展示。12品種約14,000球を2回に分けて植え付けたとのことで、今は1回目分の見ごろのピークという。低温処理した特殊な球根を使用し、春が来たと錯覚させることで早咲きを実現。年内いっぱいぐらいまでは見ごろが続くとみられる。
 オレンジ、ピンク、黄色など色とりどりの花の競演を前に、カメラ片手に写真を撮る人、ベンチでのんびりと時間を過ごす人など、思い思いに春の訪れを楽しんでいた。

花菜ガーデン
2月末まで9時〜16時営業(水曜定休)。入園料は大人220円など。問い合わせは同園☎︎73−6170

【写真】
12月18日撮影