PAGE TOP ▲

コネクト:まちゼミってこんなところ 新規参加2店舗に潜入

2018年11月5日UP | コネクト, コラム

1102 コネクト-1今回で3回目を数える平塚まちゼミが先月21日に終了した。平塚駅北口周辺の中心商店街の39店舗が参加し、期間中55講座が開催。多くの人が参加した。新規に参加した店舗の桶惣商店とanos coffeeの様子を取材した。
 9月26日に行われた桶惣商店のテーマは「魚焼きグリルで、薬膳スープを作ろう!」というもの。近年のガスコンロは魚焼きグリル部分の機能が進化しており、グリル内で専用パンを使って両面焼きができるものが登場している。専用パンに鶏肉やナツメ、きくらげ、しめじ、ネギなどの具材を入れたらあとは火にかけるだけという簡単調理だったが、参加者からは「鶏肉も柔らかく仕上がっている」などと概ね好評な声が。朝晩のレシピを考える手間などを考えると時短料理が作りやすいのは大きなメリットになる。
 創業70年を超える同店はもともと桶屋としてスタート。桶の需要が少なくなった現在は水回りを中心とした家のトラブル全般を手がけるようになったという。同店の宮川光子さんは「お客さんが何を求めているのか知れる機会になったし、ここにこんな店があると知ってもらえるだけでも良かった。次も参加してみたい」と振り返った。
 先月19日にはanos coffeeで「味の違いを実感!コーヒードリップ講座」が開かれた。

1102 コネクト-2

【桶惣商店】調理した薬膳スープ
【anos coffee】コーヒーをドリップする参加者ら