PAGE TOP ▲

オーレベルマーレ2018:するり

2018年10月1日UP | オーレベルマーレ, コラム

0928 オーレ
  22日、ホームに迎え撃つは今月3回目のセレッソ大阪。ルヴァン杯では湘南が勝利を収めたが、リーグでは低迷する湘南に対し上位をキープしている。何より今年の下位は混戦を極めている。勝ち点7差の中に9チームがひしめいており、湘南と最下位長崎との勝ち点差はわずかに4。湘南の試合数は1試合少ないとはいえ、28節にも降格圏転落もありうる。そんな状況に加えて50周年の記念試合でもあったこの日。再三のピンチをしのぎなんとかスコアレスのまま迎えた87分。後半はほぼ防戦一方であった湘南に大野の左足から値千金のゴールが生まれる。苦しい中で掴みかけた勝利は、正真正銘のラストワンプレーでするりとこぼれていった。各々の心中に去来する想いはあれど下を向いている暇はない。残り7試合。2018年のJ1リーグは待った無しの最終コーナーに突入する。
左足を振り抜くDF大野。勝利は目前だったが……
TEXT:名久井啓祐(本紙編集部) PHOTO:湘南ベルマーレ