PAGE TOP ▲

オーレベルマーレ2018:ゴールをこじ開けろ

2018年9月3日UP | オーレベルマーレ, コラム

0831 オーレ
 8月11日以降リーグ戦3連敗、天皇杯も含めて公式戦4連敗と苦しむ湘南は26日、こちらも8月10日以降リーグ3連敗と苦しんでいるFC東京をホームに迎えた。湘南は降格圏がすぐ背後まで迫っておりこれ以上は負けられない状況。一方の東京も、優勝争いのためには負けられない一戦だった。結果はスコアレスドローの痛み分け。勝ち点1を分け合う結果となった。お互いに再三のチャンスを手にしながらゴールを奪うに至らなかった点からすると、キーパーをはじめとするディフェンス陣が踏ん張ったと言える。事実、GK秋元は古巣の東京を相手にスーパーセーブも見せ、ゴールを守り抜いた。こうなるとオフェンス陣に奮起を期待したい。今節も決して得点の期待がなかったわけではない。だがゴールラインを超えるか超えないかは天と地ほどの差があり、それが勝ち点に直結する。これまで実に7試合を戦ってきた8月。欲しいのはただ勝利だけだ。
度重なるピンチにも一歩も引かなかった秋元
TEXT:名久井啓祐(本紙編集部) PHOTO:湘南ベルマーレ