PAGE TOP ▲

平塚市で総合防災訓練を開催 訓練とイベントで啓発

2018年8月6日UP | NEWS

0803 2面 防災フェス 「災害に強いまち ひらつか」を目指す平塚市では18日(土)に平塚市総合公園などで市民参加体験型の防災啓発イベント「防災フェア」と、過去におきた災害の教訓を踏まえた「地震対応訓練」の2つを軸とした総合防災訓練を開催する。
 防災フェアでは「楽しく、身近に」防災を体験することをテーマにブースの設置や保存食の炊き出し、起震車体験、消火器体験などが行われる。地震対応訓練では公的機関による物資輸送や救出救助訓練が行われる。崇善小学校では初の試みとして、実際の避難所を開設する、より実践的な訓練も行われるという。
 西日本豪雨の記憶も新しく、地震に限らずいつどんな災害が発生するかはわからない。有事の際の備えに防災に関心を寄せてみてはどうだろう。


総合防災訓練
◇日時:8月18日(土)【中央会場】9時30分〜13時(防災フェア)、10時〜11時(地震対応訓練)、【地域会場】9時〜12時(地震対応訓練)
◇会場:平塚市総合公園(中央会場)、崇善小学校(地域会場)
◇問い合わせ:市災害対策課☎︎21−9734