PAGE TOP ▲

弦斎カレーパン全都道府県に出店 平塚のPRにも一役買う

2018年7月30日UP | NEWS

0727 2面 高久製パン湘南ひらつか名産品の一つ「弦斎カレーパン」。製造する髙久製パン株式会社(平塚市老松町)は発売以来全国各地の物産展に出店し、今月で全47都道府県への出店を果たした。
 このパンは、平塚に住んだ村井弦斎の明治のベストセラー『食道楽』に書かれたカレーのレシピを元にして2002年に作られたもの。その後横浜市での物産展に出店したところ好評で、年々出店機会が増え昨年は約100カ所で販売を行った。そして最後に残った鳥取県での物産展に今月出店を果たし、47都道府県での販売を成し遂げた。
 同社の髙久直輝代表取締役社長は、各地の物産展でパンを購入した人が、鎌倉観光の際に平塚に寄ってくれたり「七夕まつりぜひ行きます」と声をかけてくれることもあり「平塚のPRにもなっていると思います」と話し、今後はアジアでの販売も視野に入れたいとしている。