PAGE TOP ▲

大磯ロングビーチがオープン
今週も25組50名様にチケットプレゼント

2018年7月17日UP | headline, Top

1面写真_0713_01
 湘南に夏の到来を告げる「大磯ロングビーチ」(大磯町国府本郷546、伊丹信一郎総支配人)のオープニングセレモニーが7日に行われた。今シーズンは7日から9月17日(月・祝)まで73日間の営業。新登場の各種イベントはもちろん、恒例となったお得なキャンペーンも行われ、相模湾を望む湘南リゾートが多くの人々で賑わうとみられる。

 直前まで空模様が心配された今年の開業初日だったが、当日は雲の隙間から晴れ間も見えるプール日和となった。気温もぐんぐんと上がる中、10時からは「波のプール」で毎年恒例のオープニングセレモニーを実施。スタッフの掛け声を合図に地域の子どもたちや家族連れ、カップルや友人同士など約600人が歓声と水しぶきを上げながらプールへと駆け出し、初泳ぎと景品付きのボール取りゲームを楽しんだ。

子どもも大人も大満足
 湘南の海が一望できる絶景のスタート地点から、全長140m高低差15mのコースを一気に滑り降りる「ウォータースライダー」をはじめ、本物の海のような波が押し寄せる「波のプール」、また、ボートや浮き輪に乗ってゆったりリゾート気分が味わえる「流れるプール」のほか、最大10mの高所からダイナミックに飛び込めるスリルと開放感満点の「ダイビングプール」など、1日中遊べる楽しいプールの数々は今年も変わらず人気を集めそう。昨年に引き続き波のプールの一部エリアに水上アトラクション「ウォーターパーク」も設置されている。7月中は幼児料金が無料の「キッズフリー」が例年通り実施されているのも見逃せない。

“Fヨコ”の常設ブース登場
 今年は初の試みとして「Fm yokohama 84.7 Mango Beach House in OISO」が登場。7月14日(土)から8月31日(金)の期間中、富士山の雪どけ水を使用したカキ氷や店名の「マンゴー」に由来したメニューなどが楽しめる。16日(月・祝)には「E-ne! 〜good for you〜SPECIAL」と題して公開生放送を実施(12時〜15時)。DJのMITSUMIさん、リポーターの穂積ユタカさんなどお馴染みのメンバーが大磯ロングビーチの夏を盛り上げる。さらに7月17日(火)から8月17日(金)の平日はDJの井手大介さんによる「CATCH OF SUMMER」の生放送(12時〜12時55分)が。毎週金曜日は週替わりのスペシャルDJが訪れるとのことでこちらも見逃せない。

 湘南の夏を贅沢に彩る大磯ロングビーチの夏。毎年訪れる人も、初めて訪れる人も。大切な人と最高の笑顔をつくりに、湘南のシーサイドリゾートへ──。
営業案内 ◇営業期間:9/17(月・祝)まで。9:00A.M.~5:00P.M.◇入場料金:1日券=おとな4,000円、中高生2,800円、小学生・シニア(65歳以上)2,200円、幼児(3歳~未就学児童)1,000円(7月中は無料)。14時以降の入場は割引。駐車場=普通車1,500円(8月中の土日および8/13~8/17は2,000円)◇問い合わせ:大磯ロングビーチ☎︎61−7726(9:00A.M.~5:00P.M.)イベント等の詳細はホームページhttp://www.
princehotels.co.jp/pool/oiso/で。

同プールの協力により、本紙読者限定で期間中いつでも使える「入場招待券」を抽選で25組50名様にプレゼント!
《応募方法》 ハガキまたはメール本文に①〒住所②氏名③年齢④性別⑤新聞購読の有無⑥よく利用するSNS⑦本紙以外によく読むフリーペーパー・情報紙⑧本紙で好きなコーナー・その他ご意見を明記の上、ハガキは【〒259-1217 平塚市長持203-4(株)湘南ジャーナル社「大磯ロングビーチ」係】まで、メールは【toko@shonan-journal.com】までご応募ください。(件名に「大磯ロングビーチ」を明記ください)ハガキ・メール共に7月24日(火)必着、3営業日以内に発送予定。
※個人情報は賞品の発送目的以外には使用いたしません。