PAGE TOP ▲

パイロットでボールペン作りを体験 日本の技術に外国の子どもたちも驚き

2018年7月2日UP | NEWS

0629 2面パイロット 6月23日、24日に行われたU-11年代の国際大会「2018 COPA BELLMARE U-11 PILOT INTERNATIONAL TOURNAMENT」に参加した海外クラブ、パルメイラス(ブラジル)とアトレティコ・マドリード(スペイン)の子どもたちが22日、大会の特別協賛社であるパイロットコーポレーション平塚事業所を訪れ筆記具の組み立て体験を行った。
両チームの選手・スタッフ合わせて40人ほどが、こすると消えるボールペン「フリクション」の組み立てを体験。ボールペンで書いた字が消える様子に子どもたちからは驚きの声が上がっていた。
 パルメイラスのヴィニッシウス・マルチンス・デ・リマくん(10)は 「とても興味深い体験だった。またやりたい」と笑顔を見せた。アトレティコのルベン・オエレイヤ・ナダルくん(11)は、将来プロクラブと契約する際は「(パイロットのペンを)使えるといいね」と話してくれた。