PAGE TOP ▲

オーレベルマーレ2018:連敗ストップ

2018年5月26日UP | オーレベルマーレ, コラム

0525 オーレ
  リーグ戦で3連敗、降格圏1歩手前という湘南は19日、ホームにジュビロ磐田を迎えW杯による中断前の最後のリーグ戦に臨んだ。結果は野田の公式戦2試合連続ゴールによる虎の子の1点を守りきり、久方ぶりの勝ち点3。ゴールは泥臭く、試合を支配しての勝利というわけではなかった。だがリーグ戦3連敗という結果を選手たちが重く受け止め、それでも下を向かず、自分たちに向き合い続けた結果が実を結んだ。それはとても湘南らしく、だからこそ中断明けの試合に期待をつなぐ勝利だったのではないだろうか。一方でカップ戦は予選トーナメントを通過しプレーオフに進出。6月に仙台とのホームアンドアウェーを戦う。カップ戦はともするとリーグ戦よりも軽視されがちだが試合ができることで得られる経験値は練習の比ではない。GWには辛酸を舐めさせられたがリベンジにも期待したい。
TEXT:名久井啓祐(本紙編集部) PHOTO:湘南ベルマーレ