PAGE TOP ▲

リサイクルセンターが竣工 大磯町虫窪美化センターに

2018年4月9日UP | NEWS

0406 2面 リサイクルセンター2 平塚・大磯・二宮ブロックゴミ処理広域化実施計画の中で整備が進められていたリサイクルセンターが大磯町虫窪の大磯町美化センター内に完成し、先月26日に竣工式が行われた。
 地下1階、地上3階の工場棟、平屋建ての計量棟とコンテナ保管庫棟からなる同施設は敷地面積が約8,000㎡、延べ床面積が約3,600㎡、海と雲をイメージした水色と白の外観。総事業費は約17億6,000万円だった。大磯町と二宮町から排出される容器包装プラスチックとペットボトルを圧縮梱包処理するリサイクル施設と、大磯町から排出される可燃ゴミを効率的に輸送する中継施設、及び不燃ゴミなどを選別・保管する、主に3つの機能を有する。加えて環境学習、啓発などのために見学ホールや解説のパネルなども設けられた。
 式典の中で中﨑久雄町長は「今後も1市2町で3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進して行く」と抱負を述べた。