PAGE TOP ▲

緑と青の風2018:第三回 裏側

2018年1月26日UP | コラム, 緑と青の風

0126 緑と青の風
 J1リーグ開幕に向け、チームは1月22日に成田空港を出発し、キャンプのため一路スペイン・マラガへと向かった。当日午後から首都圏を襲った大雪から逃れるように飛び立った一行は約20時間の移動を経て目的地に到着。これから始まるトレーニングを前に、束の間の休息を取っている。
 件の大雪への対応に始まり、キャンプはチームを裏で支えるスタッフの働きがモノを言う。当初出発地の成田へはバスで移動する予定だったが、雪による交通状況への影響をにらみ鉄道利用に急遽変更。また経由地での荷物の運搬や深夜到着となるホテルでの軽食の手配など、勝手の利かぬ海外ながら、施し得る作業は全て行う。戦いはピッチの上だけで行われているのではない。
 夜明けは目前、いよいよマラガでの日々が始まる。表も裏も、熱い時間となろう。

文・吉川真行(湘南ベルマーレ)