PAGE TOP ▲

オーレベルマーレ2018:2018シーズン開幕

2018年3月2日UP | オーレベルマーレ, コラム

0302オーレ
 湘南ベルマーレの新たな挑戦が再び始まった。先月24日、ホームに長崎を迎えて行われた開幕戦には12,000人を超える来場者が訪れ、スタジアムは期待と興奮に包まれた。初戦が長崎という同じ“昇格組”同士の一戦は前半8分にイジョンヒョプのゴールで湘南が先制。16分には同点に追いつかれ、そこから拮抗した展開になるも、後半35分、秋野が直接狙ったフリーキックのこぼれ球を石川が押し込みJ1では初となる開幕戦勝利を手にした。チームは昨年とは大きくメンバーも変わった。特に前線の選手は大きくその顔ぶれを変えたが、新加入の松田が90分にわたり攻守で躍動し、チーム合流から間もないイジョンヒョプがゴールを決めるなど、これから先のシーズンに期待が持てる展開だった。押し込まれる時間帯も当然あったし、細かいミスもあった。だが2018年版の湘南スタイルが確立されるのが今から楽しみだと思わせるには十分な一戦だっただろう。
決勝点を決めた石川
TEXT:名久井啓祐(本紙編集部) PHOTO:湘南ベルマーレ