PAGE TOP ▲

平塚発のはるみが2年連続で特A あさつゆ広場でも大人気のお米

2018年3月10日UP | NEWS

0309 2面はるみ 平塚生まれの米はるみが、今年度の「米の食味ランキング」で2年続けて最高の特Aの評価を受けた。
 このランキングは日本穀物検定協会が毎年公表するもの。はるみは、市内のJA全農営農・技術センターで開発され、昨年県内産の米として初めて特Aの評価を受けた。
 今年度は対象の151産地品種のうち、はるみを含む43銘柄が特Aに。この知らせを受け平塚市のJA湘南あさつゆ広場では、週末にはるみを買い求める人が開店前から並び、1日に1t近くの売れ行きがあった。担当者によれば2日時点での在庫は約18tで、今月末には完売しそうな見込みだという。よくはるみを買うという人は「美味しいです」と話していた。同店では4.5kgで1,800円(税込)。JA湘南によると、今年の種子の注文量は昨年より2t増の12.5tで、管内全体の注文量の約3分の2を占めるという。