PAGE TOP ▲

新聞配達員が人命救助 大磯警察署長から表彰受ける

2018年1月8日UP | NEWS

0105 3面大磯署表彰 大磯町の新聞配達員が、配達先の住人の異変に気付き人命救助に貢献したとして、先月21日大磯警察署長から表彰を受けた。
 表彰されたのは、朝日新聞サービスアンカーASA大磯(齋藤龍弥所長)と配達員の堀田和久さん。堀田さんは先月12日午後大磯町内で配達中、住宅のポストに4日分の新聞が溜まっているのを発見。連絡を受けた齋藤所長が大磯署に通報した。署員が駆けつけたところ60歳代の男性が中で倒れているのが見つかり、救急車で搬送された。男性は5日後に亡くなったが、その後男性の親族がお礼を伝えに販売店を訪れたという。堀田さんは「人助けに繋がって喜んでくれる人がいたから良かったなと思います」と笑顔を見せていた。同署の松嶋 誠署長は「小さな変化を見逃さないで通報いただければ」と今後の情報提供を呼びかけていた。

(左から)松嶋署長、齋藤所長、堀田さん