PAGE TOP ▲

環境に配慮した電気自動車の普及目指す 平塚市・日産・ららぽーとが共同で取り組み

2018年1月8日UP | NEWS

0105 2面 定例 平塚市は昨年12月21日、日産自動車株式会社、三井ショッピングパークららぽーと湘南平塚と共同で、環境に配慮した電気自動車の普及促進を目指し、「日産リーフ」の無料試乗貸し出しを通じた取り組みを実施することを発表した。
 この試みは電気自動車普及に向けて啓発活動を行なっている平塚市、昨年10月に新型日産リーフを発売した日産自動車、来場者の顧客満足度、利便性の向上を考えるららぽーと湘南平塚の3者の考えが一致したことで実現した。
 日産自動車は新型日産リーフの試乗車2台をららぽーと湘南平塚に設置すると共に、顧客が試乗する際にサポートする車両説明員を配置。ディーラーではなく商業施設で試乗ができることで、より気軽に新型リーフを体験してほしい狙いがある。ららぽーとからの試乗では店舗を起点とした一般的な試乗のほか、買い物した品物を自宅に運搬するために利用することも可能になるという。
 平塚市は今後、市内のイベントなどで電気自動車の乗車体験を予定しているほか、平塚市環境事業センターの焼却熱による発電で得た“地産地消の電気”を使用するEV車用急速充電器を市役所に設置し、利便性の向上と共にクリーンエネルギー自動車の普及活動を後押ししたい考えだ。
 日産自動車の石井裕晶理事は「10月にモデルチェンジしたリーフはすでに1万2,000台の受注を受けている。電気自動車は今後、導入から普及の段階に移っていく。グローバルリーダーとして普及に努めたい」と話した。


日産リーフ無料試乗貸し出し
◇日  時:3月31日までの金、土、日、月曜日と祝日
      11時〜18時(受付は10時〜17時)
◇利用方法:ららぽーと湘南平塚1階 「&シュエットギャラリー」前の受付カウンターで予約
◇設置台数:2台
◇利用時間:1時間