PAGE TOP ▲

照ヶ崎でビーチアクアスロン大会 スポーツイベントの発展に期待

2017年11月11日UP | NEWS

1110 3面アクアスロン 照ヶ崎海岸内の特設コースをランニングとスイミングで巡る第1回 大磯・照ヶ崎ビーチアクアスロン大会が5日、大磯町の照ヶ崎海岸で開催された。
 今回が初開催となる同イベントは県が推進するFeel SHONANプロモーションイベント事業の一環として行われた。大会にはショートの部と泳ぐ距離が倍になるロングの部、その他リレー種目などあわせて150人ほどが参加し、晴天のもとそれぞれの記録に挑戦していた。またプロトライアスリートの山下陽裕さんも会場に訪れ、アドバイスを送るなどしていた。
 以前から大磯町内の海ではラフウォータースイムなど海を利用したスポーツイベントが行われてきたが、Feel SHONANの事業に組み込まれたことでより一層大磯の海の魅力を発信できるのではと町の担当者は期待を込めていた。