PAGE TOP ▲

日本最大級の囲碁イベント
10/8(日)11:00〜16:45 紅谷パールロードほか

2017年10月7日UP | headline, Top

1面メイン
 “囲碁のまち”平塚の誇る最大の囲碁イベント「湘南ひらつか囲碁まつり」が第22回として10月8日(日)に紅谷パールロードと西口公園通りをメイン会場に大々的に開催される。今年も北は岩手県から南は福岡県まで、全国から参加者が集まっており、年齢をみても最高齢が96歳、最年少が6歳と幅広い世代が参加する。当日は多数のプロ棋士が集うほか、さまざまな催しも。この機会に囲碁の魅力に触れてみては。

 現在では囲碁まつりといえば「囲碁のまちひらつか」というように「湘南ひらつか囲碁まつり」は囲碁ファンの注目を集め、性別や年齢、地域を越えた全国的に有名なイベントとなっている。碁石と碁盤が紅谷パールロードの端から端までズラリと並んだ様はまさに圧巻の一言。さわやかな秋空のもと、プロ棋士との対局は緊張感のなかにも和やかさが漂い、独特の雰囲気がかもし出される。

注目の出場棋士は
 今年の出場棋士は、平塚の「木谷道場」で育った、二十四世本因坊秀芳(石田芳夫)、大竹英雄名誉碁聖、宇宙流の武宮正樹九段などの他に、日本棋院から山下敬吾九段など、総勢77人。平塚市在住で四段のときに名人リーグ入りを果たしたことで飛付昇段し話題となった金沢 真七段や、毎年初戦が平塚で開催されるドコモ杯女流棋聖戦のタイトルホルダー謝依旻女流棋聖らも来場し「囲碁まつり」を盛り上げる。多くのプロ棋士が勢揃いするイベントは「囲碁のまちひらつか」ならでは。多くのプロ棋士とその打ち筋を間近で見ることができるのも嬉しいポイントのひとつだ。
 事前参加者の募集はすでに締め切られたが、当日飛び入り枠が200人分用意される予定だ。腕に自信のある人はもちろん、入門者・初心者の人も参加してみてはどうだろうか。(受け付け11時から12時。定員を超えた場合は抽選。参加費大人1000円。高校生以下500円)

各種イベントも
 囲碁まつりでは1000面打ちの他に様々なイベントが用意される。石倉昇九段による囲碁入門教室、トッププロによる囲碁教室やサイン会、七路盤大会、初心者個別囲碁指導コーナー、詰碁ウォーキングなど盛りだくさん。
 さらに「漁師鍋」500食の振る舞いや、デキシーランドジャズによる演奏、平塚名産品や囲碁グッズの販売など囲碁を知らない方でも十分に楽しむことができる。「囲碁なんて全然わからないし、難しそう……」という人も、この機会にぜひ会場に足を運んで囲碁の魅力に触れてみてほしい。
◇お問い合わせ=(公財)平塚市まちづくり財団 文化事業課
☎0463-32-2237


第22回湘南ひらつか囲碁まつり
協賛セール
①味匠 「あさひ家」=
 ●かき揚げ天ぷらそば又は天ぷらうどん
  当日限定 555円
②Silkの店 「絹衣」=
 ●シルク5本指ソックス3足組
  1,188円→1,000円(税込)
 ●シルクネックカバー
  1,080円→1,000円(税込)
 ●シルク日本製シースルーソックス  540円→500円(税込)
 ●シルク手袋 1,620円→1,000円(税込)
③喫茶「シャポー」=
 ブレンドコーヒー or アイスコーヒー とモンブランケーキセットで 
 通常価格750円 or 800円
 当日価格500円で…
④梅屋ユーユー本館
 花工房Umeya店/季節の花束・鉢物etc
 500円、1,000円 均一セール
 ●600円~700円→500円
 ●1,200円~12300円→1,000円


棋士)
二十四世本因坊秀芳
大竹英雄名誉碁聖
小林 覚 九段
山下敬吾 九段
武宮正樹 九段
金沢 真 七段(平塚市在住)
謝依旻 女流棋聖

【写真】過去の囲碁まつりでの1000面打ちの様子