PAGE TOP ▲

大磯ロングビーチオープン
今週も25組50名様にチケットプレゼント

2017年7月15日UP | headline, Top

1面0714_メイン
 湘南に夏の到来を告げる「大磯ロングビーチ」(大磯町国府本郷546、伊丹信一郎総支配人)のオープニングセレモニーが8日に行われた。セレモニーでは毎年恒例、スタッフの掛け声を合図に地域の子どもたちや首都圏OLらが歓声と水しぶきを上げながら「波のプール」へと駆け出し、初泳ぎを楽しんだ。

 昭和32(1957)年7月に開業した大磯ロングビーチは今年でついに60周年。これに伴い「60」にちなんだ各種割引などが実施される。今年“60”歳の人や“1960”年生まれ、昭和“60”年生まれの人などの料金が割引になる「ハッピー60」。3人以上の利用で合計年齢が“60”となると入場料が割引になる「合わせて60」。ぴったり“60”人での団体利用がお得な「グループ60」の3種類の記念プライスが用意されているので詳しくはホームページでご確認を。

子どもも大人も大満足
 湘南の海が一望できる絶景のスタート地点から、全長140m高低差15mのコースを一気に滑り降りる「ウォータースライダー」をはじめ、海のように波が押し寄せる「波のプール」、また、ボートや浮き輪に乗ってゆったりリゾート気分が味わえる「流れるプール」のほか、最大10mの高所からダイナミックに飛び込めるスリルと開放感満点の「ダイビングプール」など、1日中楽しめて遊べるプールの数々は今年も変わらず人気を集めている。今年は波のプールの一部エリアに水上アトラクション「インフレータブルウォーターゲーム」が新登場した。7月中は幼児料金が無料の「キッズフリー」が例年通り実施されているのも見逃せない。

宿泊でより一層のリゾート気分を
 今年はリニューアルしたホテルのバリューアップに伴い、宿泊者専用のプールとパラソルのエリアが誕生した。こどもプールとシンクロ&競泳プールは宿泊者専用プールに。また、海外リゾートの様なサンラウンジャーやプレミアムデイベッド・プレミアムカバナを有料で利用できる。さらに上質なパラソルの数々はリゾート気分をより一層盛り上げてくれるに違いない。また、いよいよ今週末15日(土)には大磯プリンスホテルにスパ棟がオープンする。利用のためには宿泊、もしくは各種プランの利用が必要になるが、大磯を夏のリゾートから通年型のリゾートに生まれ変わらせるこちらの新施設も楽しみの1つだ。

 大磯ロングビーチ60周年の夏。毎年訪れる人も、初めて訪れる人も。家族や大切な人と今年最高の笑顔づくりに、水の楽園へ──。

営業案内 ◇営業期間:9/18(月・祝)まで。9:00A.M.~5:00P.M.◇入場料金:1日券=おとな3,800円、中高生2,600円、小学生・シニア(65歳以上)2,100円、幼児(3歳~未就学児童)1,100円(7月中は無料)。14時以降の入場は割引。駐車場=普通車1,500円(8/11~8/16、8月中の土日は2,000円)◇問い合わせ:大磯ロングビーチ☎︎61−7726(9:00A.M.~5:00P.M.)

チケットプレゼント
同プールの協力により、期間中いつでも使える「入場招待券」を抽選で読者25組50名様にプレゼント(当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます)。◇応募方法:ハガキまたはメール本文に①〒住所②氏名③年齢④性別⑤購読されている新聞名⑥本紙の入手先⑦本紙へのご意見を明記の上、ハガキは【〒259-1217平塚市長持203-4(株)湘南ジャーナル社「ロングビーチ」係】まで、メールは【toko@shonan-journal.com】(件名に「ロングビーチ」係を明記)まで。7月25日(火)必着、3営業日以内に発送予定。※個人情報は賞品の発送目的以外には使用いたしません。