PAGE TOP ▲

バニューシネマパラダイス:シーン82『キングコング 髑髏島の巨神』

0428 映画
『キングコング 髑髏島の巨神』(2017/アメリカ)
監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ 脚本:ダン・ギルロイ他 
出演:トム・ヒドルストン/サミュエル・L・ジャクソン/ブリー・ラーソン 他
 シネプレックス平塚他、全国にて公開中。
 ピーター・ジャクソン版のリメイクも記憶に新しいが、同じタイトルを新たにリメイクする理由はもちろんある。マーベルやDCのアメコミ・ヒーロー総出演映画の流れを受け、本作はゴジラ、キングコングはじめ怪獣総出演のモンスターバースの序章として制作された。では、単なる顔見せ興行かといえば、さにあらず! 過去作では髑髏島からニューヨークまで横断したコングが大暴れするが、本作の舞台は潔く島のみ。ベトナム戦争終結の73年、地球観測衛星ランドサットの登場で地上の不思議が失われつつある時代。ベトナム戦争の残滓が染み付いた軍人や女性反戦カメラマンが、コングと未知の生物相手に奮戦する。第二次大戦を島で生き抜いた日米兵士の友情も絡み、髑髏島脱出までのカウントダウンに向けた重層的な人間ドラマが展開。総制作費1億8,500万ドルの大作に抜擢された監督は、かつて30歳で平成『ガメラ』の特技監督を務めた樋口真嗣監督同様、32歳で大任を果たした。ジョン・C・ライリー演じる、お茶目な旧米兵が可笑しくも頼もしい!
kiyoto01
文とイラスト:竹内清人
1968年生まれ。映画宣伝を経て、『戦国自衛隊1549』で脚本家デビュー。現在、平塚の片隅(馬入あたり)で執筆活動をつづけている。オリジナル小説『躍る六悪人』全国書店にて絶賛発売中!