PAGE TOP ▲

緑と青の風2016:第一回2016シーズン、そしてこれから

2016年12月2日UP | コラム, 緑と青の風

choetsu
 「挑越」。挑み、越えていく。今シーズンのトップチームスローガンであるこの言葉はシーズンを通してチーム、クラブがどんな高い壁にも物おじせず立ち向かっていくという気持ちが込められている。今シーズンのリーグ戦、結果からみるとまだまだ力が足りずJ2降格という大きな壁が立ちはだかったと感じるが、クラブはそこから何を学びこれからどう活かしていくかが非常に大事になってくる。そして、どんな状況の時も声をからしチームの背中を押し続けてくれるサポーターの皆さんと共に湘南ベルマーレは日々成長し、常にチャレンジし続ける姿勢は失ってはいけない。
 今シーズンは天皇杯の戦いが残っている。12月24日準々決勝、くしくも降格がきまってしまった相手の大宮アルディージャと対戦する。新たな歴史を刻む挑戦はまだまだ続く。
チームスローガン「挑戦」
文:猪狩佑貴(湘南ベルマーレ)