PAGE TOP ▲

緑と青の風 2016:第六回 キャプテンの熱き思い

2016年1月29日UP | コラム, 緑と青の風

0129 緑と青
 1月12日より始動したチームは毎日ハードな練習をしている。新加入選手9名を迎え早くも熾烈なポジション争いが繰り広げられている。その中でも注目する選手は今季キャプテンを務める高山薫選手だ。曺貴裁監督から任命を受け2、3日悩み、自分の成長、そして何よりチームの成長のためになりたいという覚悟のもと引き受けたという。高山選手自身「これまでキャプテンをやる柄ではなかったけれど、自分ももう6年目。更に責任を持ってサッカーをしないといけない」と語る表情は自信と決心した男の覚悟が見える。そして副キャプテンには菊地俊介選手、三竿雄斗選手、そして菊池大介選手の3名が選ばれた。皆口々に話すことは去年主軸として戦ったメンバーが抜け、心配の声もあると思うがとにかく今年のチームを見ていてほしい、ということ。一段と冬らしい寒さの中、熱き思いを胸に秘めた29名の湘南の戦士たちは曺監督のもと、湘南スタイルに更に磨きをかけピッチで表現をすることを約束しているようだ。

文・猪狩佑貴(湘南ベルマーレ)

【写真】今季キャプテンを務める高山薫選手