PAGE TOP ▲

寒空の下、児童870人が元気に快走 YEG主催の第25回小学生駅伝大会

2014年12月12日UP | NEWS

1212 2面小学生駅伝
 湘南ベルマーレホームタウン内の小学4・5・6年生がチーム制で競う、平塚商工会議所青年部(YEG、今村佳広会長)が主催する毎冬恒例の駅伝大会「YEGベルマーレカップ小学生駅伝競走大会」が6日、平塚市総合公園内で開催された。会場には落合克宏平塚市長を始め金子 誠教育長、森 正明県議、赤井和憲県議らも応援に駆けつけ、児童が懸命に走る姿を見守った。
 今年も大会史上を更新する過去最多の872人(男子75チーム、女子54チーム)の児童が参加。落合市長の号砲を合図にShonanBMWスタジアム平塚をスタートし、同公園内を駆け抜けた。男子の部(1区・6区/2,100m、2区~5区/1,700m)では「木曜ランナーズ」が39分56秒で4連覇を達成し、女子の部(1区・6区/1,700m、2区~5区/1,300m)では「藤沢陸上リトル」が32分51秒で2連覇を果たした。